エントリー

名寄をもっと知りたい!!

  • 2014/03/26 15:08

以前のブログで
「エフエム白石」さんで
名寄を紹介する機会をいただきました、と
お話しましたが、
それにむけ、名寄について
少し勉強しなおしました。

お引越しで名寄にはじめて来られる方も
いらっしゃると思いましたので
勉強し直した内容を
ご紹介しようと思います。

まずは「市」について。
名寄市は人口約三万人です。
北北海道の中央に位置し、
国内第四位の、北海道遺産である「天塩川」と
その支流である「名寄川」が場がれています。
夏は連日気温30℃を超えることもあり、
冬はマイナス20℃になることもあります。
平均気温は全国有数の低さですが、
夏の暑さ、冬の寒さが激しく、
かつ夏は朝晩は過ごしやすいことから
四季を満喫できる街と言えるのではないでしょうか。
雪質も日本一と言われ、
「シルキースノー」と、「パウダースノー」を超えた
雪質とうたわれています。
ダイヤモンドダストも見られますし、さらに
太陽光が反射して「サンピラー」という
太陽柱が現れることもあります。

続いて、産業。
農業がさかんな街で、もち米、アスパラ、ひまわりが
特に有名です。
昼夜の寒暖差が大きいため、農作物の成長が促進され、
さらに病害虫も抑えるそうです。
もち米の生産量は日本一で、その品質は
伊勢の「赤福」やアイスクリーム菓子の「雪見大福」
などにも使われています。
アスパラも作付面積日本一。旬は5月下旬から6月下旬です。

ひまわりは、油、緑肥、鑑賞用に使われ、
名寄市内で約600万本もの花が見られます。
名寄市役所近くには「ひまわりロード」という
ボランティアの方々の手による花畑も作られます。
また、道立サンピラーパークでは、
7月末から8月末までひまわり観光案内所が設置され、
観光案内やグッズプレゼントなどをしています。
7月末から8月中旬までは、夜間ライトアップもされます。

観光施設としては、
日本で二番目に大きい望遠鏡のある天文台「きたすばる」や
天然記念物「鈴石」が見られる「北国博物館」
などがあります。

たくさんご紹介したいことはありますが、
まずは予備知識まで。

これから名寄にお越しになる方…
住まわれる方、観光に来られる方、ビジネスで来られる方、
などたくさんいらっしゃると思いますが
どうぞお気軽になよろ観光まちづくり協会にお立ち寄りください。
名寄に関する情報収集のお手伝いをいたします。
もちろん、名寄市民の方も大歓迎です。
観光窓口では、ドリンクサービスや
携帯電話の充電、読書スペースの設置など
さまざまなサービスでお迎えします。
(詳しくは、当協会のホームページトップより
「窓口案内」をご覧ください)

そして、
ご自分なりの名寄の魅力も発見していただければ
嬉しい限りです。

ページ移動

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed